耳鼻咽喉科 宮澤クリニック

耳鼻咽喉科 宮澤クリニック 愛知県東海市 滲出性・急性中耳炎、 突発性難聴

患者さまを大切に 耳鼻咽喉科 宮澤クリニック
  • 宮澤クリニック 掲示板


    ○感染防止対策実施中です。
      院内いたるところに空気清浄機を設置、増殖中です。

耳鼻咽喉科 宮澤クリニックの運営方針

  • 感染対策

    ・耳鼻咽喉科診療所を受診したことによって新型コロナウィルスに感染した、という事例の報告はこれまでにありませんが引き続き感染防止対策にご協力ください。ご希望により診察の順番を駐車場や院外でもお待ち頂けます。外出される場合はその旨を受付にお伝え下さい。
    ・新型コロナウィルスの感染が疑われる方は当院駐車場の所定の場所にてお車の中でお待ちいただくことをお願いし、さらにそのままお車に乗った状態で車外から診察をさせていただくこともあります。その場合はあらかじめの順番通りにはならなくなりますがご理解の程よろしくお願いいたします。
    ・つまり、発熱があったり飛沫を飛ばして感染源になりそうな方は当院院内には原則いらっしゃらないようにさせていただいています。
    ・お車に乗ったまま対応させていただく場合に、念のため当院職員が防護服、シールド等を装備して伺うことがありますのでご理解の程よろしくお願いいたします。
    ・感染対策を講じながら診療を行っているため診察にやや時間がかかってしまうことがありますがご理解のほどよろしくお願いいたします。
    ・当院は必要な感染防止策をとっており、また特にひっ迫していることもないのでお困りの症状がある場合はためらわず受診してください。
    ・当院では新型コロナウイルス感染対策の一環として「オゾン発生装置」の他、空気清浄機を多数設置し、換気、アルコール清拭等々抜かりなく行っています。

  • 新型コロナウィルス感染症の相談窓口

    ご自身が発熱などで新型コロナウィルスに感染しているのではないかと疑う方は受診前に必ずお電話にてご相談下さい。その上で来院、受診時間を調整させていただきます。
    診察の上、必要な場合は新型コロナウィルス検査にも対応いたします。

    受診・相談センターへのご相談もお勧めします。
    ・受診・相談センター(東海市、知多市、大府市、常滑市) 知多保健所 電話0562-32-1699
    ・愛知県救急医療情報センター 電話番号052-263-1133 (毎日:24時間体制)

  • 言語相談の再開

    一時休止していた言語聴覚士による「ことばおくれ」などの言語相談を再開しました

  • 中日新聞「ドクターQ&A」

    令和3年3月4日付中日新聞朝刊(知多版)「ドクターQ&A」に、当院院長宮澤による「花粉症のレーザー治療」のお話が掲載されました。
    令和2年12月22日付中日新聞朝刊(知多版)「ドクターQ&A」に、当院院長宮澤による「中耳炎反復の予防」のお話が掲載されました。
    令和2年9月29日付中日新聞朝刊(知多版)「ドクターQ&A」に、当院院長宮澤による「扁桃腺の炎症・手術」のお話が掲載されました。
    令和2年6月17日付中日新聞朝刊(知多版)「ドクターQ&A」に、当院院長宮澤による「新型コロナウィルス/嗅覚・味覚障害」のお話が掲載されました。
    令和元年9月11日付中日新聞朝刊(知多版)「ドクターQ&A」に、当院院長宮澤による「反復性中耳炎」のお話が掲載されました。
    平成30年8月22日付中日新聞朝刊(知多版)「ドクターQ&A」に、当院院長宮澤による「嗅覚障害のお話が掲載されました。
    平成30年4月25日付中日新聞朝刊(知多版)「ドクターQ&A」に、当院院長宮澤による「後鼻漏」のお話が掲載されました。
    平成29年9月20日付中日新聞朝刊(知多版)「ドクターQ&A」に、当院院長宮澤による「突発性難聴」のお話が掲載されました。
    平成28年12月14日付中日新聞朝刊(知多版)「ドクターQ&A」に、当院院長宮澤による「航空性中耳炎」のお話が掲載されました。

  • 予約システム更新のお知らせ

    平成28年2月4日(木)より予約システムを更新しました。
    電話予約方法は以前と同様ですが、電話番号が「050-5577-6487」に変更になります。
    またインターネットからも予約可能になります。詳細は「ご予約方法」をご覧下さい。

  • 院内設備を新調しました

    次亜塩素酸空間除菌機「ziaino」を待合に設置しました。浮遊しているだけでなく室内に付着した菌・ウイルスにも効果があります。(R3.3.1)
    「オゾン発生装置」を設置しました。合計3台稼働中です。オゾンは新型コロナウイルスを不活化させる作用を有することが確認・実証されています。(R2.11.9)
    空気清浄機増設しました。現在プラズマクラスター空気清浄機11台が稼働中です。(R2.10.5)
    外待合の床を張替え新調しました(R1.7.21)
    プレイルームのTVを更新しました(R1.7.21)
    インピーダンスオージオメーターを更新しました(H30.7)
    外径2.4mm極細径のビデオ鼻咽喉スコープを導入しました(H28.10)
    診療椅子を新調しました。
    中待合、診察室の床を張替え新調しました(H28.1.11)
    待合ソファを新調しました(H27.12.16)

  • 安全で間違いのない正しい医療を行います。
    待ち時間の短縮など効率よい医療を行います。

  • わかりやすく親しまれる医療を行います。
    健康増進・疾病予防などの予防医療を行います。

耳鼻咽喉科 宮澤クリニックの新着情報

耳鼻咽喉科 宮澤クリニックの新着情報

  • ◎学校保健安全法施行規則(平成24年4月1日から施行)

    ○インフルエンザの出停止の期間の基準:
      発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日(幼児にあっては3日)を経過するまで
    ○百日咳:
      特有の咳が消失するまで又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
    ○流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
      耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで